天然砥石(てんねんといし)とは


 砥石(といし)とは、金属や木材、岩石などの表面を研磨する道具です。石器時代から、自然の岩石から作った天然砥石(てんねんといし)が重要な道具として使われてきました。 

 19世紀の終わりごろ人造の砥石が開発されてから急速に需要が減少し、今では数社によって生産されているのみとなりました。



天然砥石の分類


 天然砥石の分類方法はいろいろありますが、研磨粒子(けんまりゅうし:加工物を削り取る役目をする細かい粒子)の大きい方から、荒砥(あらと)、中砥(なかと)、仕上砥(しあげと)に分類するのが一般的です。 

 天然仕上砥は別名で合砥(あわせど)と呼ばれています。



天然砥石の分布


 天然砥石は全国各地から産出されていました。その中でも、亀岡市で産出された「丹波青砥(たんばあおと)」は最も有名な中砥の一つでした。また、京都市や亀岡市などから産出された合砥も、質、量ともに群を抜いたものでした。

 皆さんは今、亀岡市にいます。この地は現在でも天然砥石を生産している数少ない貴重な産地なのです。



日本の文化と天然砥石


 天然砥石が最初に登場する記録は正倉院文書(しょうそういんもんじょ、奈良時代)です。このときすでに青砥という言葉が使われていました。

 それから1200年以上に渡って、日本独特の伝統文化や伝統工芸に無くてはならぬ良く切れる刃物を、陰で支えてきた黒子(くろこ)が天然砥石だったのです。

 例えば、京都をはじめ、日本各地にある美しい木造建築物。その木材を滑らか仕上げるために、天然砥石で鉋(かんな)を研ぐことが必要でした。

 ユネスコ無形文化遺産に登録された和食。その素材の味を引き出すために、天然砥石で和包丁(わぼうちょう)を研ぐことが必要でした。 

 妖艶に光り、芸術品の域にまで到達した日本刀。この神秘的な美しさは、今でも天然砥石が無くては研ぎ出すことができません。



今主役になる天然砥石


 残念ながら、現在では天然砥石はほとんど見られなくなり、一部のプロや愛好家の間で使われているのみです。

 貴重な天然砥石文化を歴史遺産として後世に残し、また海外に向けた日本の伝統文化の発信のために、ここ亀岡に「天然砥石館」をオープンしました。

 天然砥石館ではさまざまな天然砥石をご覧いただけるほか、体験コーナーで実際に使ってみることもできます。天然砥石の味わいを堪能しましょう。